禁煙外来について

「タバコは身体に良くないと分かっているけど辞められない」と
お悩みではありませんか?

当院では禁煙外来を行っております。患者さんお一人お一人にに合わせた治療プログラムを提供し、高い効果が得られています。以下の基準を満たせば保険適用で診療を受けることもできます。一人ではなかなか辞められない方は、まずはご相談だけでも結構ですのでご来院ください。

禁煙外来の
保険適用条件

禁煙しようという強い意志がある方
以下ニコチン依存症テストの結果が5点以上の方
35歳以上の方で、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数が200以上であること
(35歳未満の方については、200以下でも適用されます)
今すぐに禁煙することを希望している方
医師からの禁煙治療について説明を受け、
その禁煙治療を受けることを文書により同意した方

なお、医療保険を使用した治療は年に1回までとなっております。
また、前回の禁煙外来の治療から1年経過していない場合は自費による治療となります。

ニコチン依存症テスト

以下10問の質問に当てはまる場合を各々1点として、合計5点以上がニコチン依存症と診断されます。

質問1自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
質問2禁煙や本数を減らそうと試みて、出来なかったことがありますか?
質問3禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか?
質問4禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、
脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
質問5問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
質問6重い病気にかかったときに、タバコはよくないわかっているのに吸うことがありましたか?
質問7タバコのために自分に健康問題が起きているわかっていても、吸うことがありましたか?
質問8タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
質問9自分がタバコに依存していると感じることがありましたか?
質問10タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

治療費用について

当院の禁煙外来の治療費

診療費用と院外薬局を合わせた費用は
保険適用(3割負担)の場合 20,000円程度
になります。

保険適用外の方はお問合せ下さい。

禁煙外来の治療法

治療方法について

ニコチンを含まない飲み薬(チャンピックス)によりタバコを吸っても「おいしい」「気持良い」と感じる事がなくなり、またニコチンが減るために起こるイライラ感も少なくなります。

飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し8日目には禁煙を開始します。
※通常、服用期間は12週間です。


診療時間※受診に関するご相談は診療時間内にお電話でお問合せ下さい。
※3名の専門医が常駐で在籍していますので、待ち時間が少なくスムーズに受診頂けます。