循環器科とは?

心臓や血管の病気を専門に診断、治療を行う専門科

おもな心臓の病気としては、「狭心症や心筋梗塞」、「心臓弁膜症」、「不整脈」、「心筋症」、「その他(感染性心内膜炎、心筋炎など)」などあります。また、これらの疾患により、心臓の機能が低下した状態として「心不全」があります。
血管の病気としては、「高血圧症」、「動脈疾患(動脈瘤、動脈解離など)」、「静脈血栓症」、「心臓由来の動脈塞栓(脳塞栓症など)」などです。

循環器外来は心臓や血管の病気を診断し、治療や再発予防を行います。

また、動脈硬化の合併症としておこる病気が多いので、動脈硬化を悪化させる「糖尿病」、「高脂血症」や、心臓内にできた血の塊(血栓)により脳動脈がつまる「脳梗塞(脳塞栓)」なども関連疾患として、同時に診察・治療することは重要と考えています。

循環器疾患は、喫煙、食事、運動、飲酒、肥満などの生活習慣との関連が深いので、薬物による治療だけでなく、生活習慣の改善がとても大事です。糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満、高尿酸血症などは、循環器系疾患を合併することが多く、とくに動脈硬化によって引き起こされる狭心症・心筋梗塞の予防としてこの治療は重要です。

 

このような時に循環器外来を受診しましょう

胸痛・胸が苦しい・心臓がドキドキする(動悸)・むくみ・脈が乱れる・息切れ・血圧が高い・検診での心電図異常などがありましたら、受診をおすすめいたします。

当院は循環器内科専門医が3名在籍していますので、ご安心してご相談下さい。

診療時間※受診に関するご相談は診療時間内にお電話でお問合せ下さい。
※3名の専門医が常駐で在籍していますので、待ち時間が少なくスムーズに受診頂けます。